津軽三味線

三味線は三弦が張られた、日本の伝統的な弦楽器です。そして、三味線は生産された地、造り、そして演奏法によってその様式が変わります。 北本州青森県から発祥した津軽三味線は、太い棹を持つことから太棹(ふとざお))三味線に部類されます。 その特徴に、三味線の中でも特に響きがいいこと、そして大きな撥(ばち)を用いること等が挙げられます。 他の三味線に比べ、津軽三味線では撥は力強く弾き鳴らされて演奏されます。